2020年2月28日 (自動の日)

更新日:

ここから、ハイパー論理に。

ZFに対する新矛盾を100年ぶりに発見したのが神の私です。

その具体例が∅のパラドックスでした。 

というわけで、新参者も多いでしょうし。

復習を兼ねて、∅パラドックスの再確認から始めましょうか。

なお、前回の内容の一部を今回以降に移し。

前回は、少し追加して改訂しておいたので、見返すように。

では、宙爆開始。

 

未だに、ZFは矛盾してないと思っている教科書猿も多い模様。 

これには理由があって。 

私は公理論理式から、自動的・機械的に

「新空集合」

を生成できると述べました。 

この主張自体は真理ですが、そこに罠を仕掛けたのですよ。

その結果、私の主張が怪しいと思ったカモ。  

フフン、伏線罠に掛かった猿の惨めさよ。 

以下、これを議論するため、∅パラドックスの定義から始めます。 

 

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© International Intelligent Information Inc. 山口人生 I.I.I , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.