2020年6月28日 (ラベルの日)

更新日:

ここからハイパー論理に。   

今回は、新集合論としてのYJ構築に向けた準備として。

もう少し、∅の基本思想について蘊蓄を傾けておきましょうか。

∅にラベルを付与して、)∅(ZF)などと階層表現すれば。

∅パラドックスを回避するべく、議論開始できます。 

(あくまでも、議論ですよ。

それで解決するとは思わないように。

絶対に無理だから。)

 

しかし、そもそも、素朴集合論は言うに及ばず。

公理的集合論でも、∅にラベル付けて高精細化をしてないの。  

だから、何でもありの記号∅を採用してしまった。 

議論のスタート地点にすら立てて無いということ。 

階層化という言葉は使ってきましたが。

それは、Vを構成する階層化の話です。

∅ラベルの話じゃありませんよ。 

タイプなんていう用語を使ったこともあったけど。

 

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© International Intelligent Information Inc. 山口人生 I.I.I , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.