研究業績一覧表

更新日:

 

(1) 学位論文

Aspects of Large Cardinals (1985年 米国イリノイ大学数学科)

(2)その他の学術論文報告等

題 目 著者 掲載誌 巻・号・頁 発行年月
到達不能基数について 科学基礎論研究 Vol.15, No.4 1982年3月
現代無限概念の階層Measurabi1ity (可測性) 科学基礎論研究 Vol.18, No.2 1987年10月
Boolean-valued Logic Programming Language Scheme LIFE-Ⅲ

― A Theoretical Background ―

ICOT TR-639 1991年5月
The Classification and Boundary Problem Springer Lecture Notes in AI Series 485 23-37 1991年6月
The Approximate Reasoning in Logic Programming ICOT TR-692 1991年11月
Logic-oriented Inferential Framework Extensions: LIFE-Ω ICOT TR-693 1991年11月
Inference Transformation

― a New Methodo1ogy for the Program Transformation ―

ICOT TR-694 1991年11月
Boolean-valued Logic Programming  Language Scheme LIFE-Ⅲ

― A Summary ―

ICOT TR-695 1991年11月
現代無限概念の階層

―非基礎集合―

科学基礎論研究 Vol.23, No.1 1995年12月
Boolean Algebraic Structure on [0,1] International Journal of Computer Mathematics Vol.64, 47-57 1997年3月
Boolean [0,1]-valued Continuous Operators International Journal of Computer Mathematics Vol.68, 71-79 1998年3月
Boolean Embedding International Journal of Computer Mathematics Vol.71, 301-317 1999年4月

(3)著書・解説書等

書 名 著訳者 発行所 頁数 発行年月
Turing’s Man: Western Culture in the Computer Age 

By  J. David Bolter

共訳 みすず書房 393 1995年5月
計算量理論の存亡(1):「P=NP?」問題の解決 単著 I.I.I. 240 2002年10月

(4)国際学術会議における講演・報告等

Applying Boolean-valued Technique to Logic Programs Logic and Its Applications

第1回国際シンポジウム

1988年11月
分割境界問題 LPC'89論文集 1989年7月
Boolean-valued F-completeness of LIFE-Ⅲ LPC'91論文集 1991年7月
Phases, Information and the Permitting Relation

―a Boolean-valued Representation of Knowledge in AI―

LMPS第9回国際大会 1991年8月
Several Fundamental Criticisms About the Ideas of Stanford’s Situation Theory 第3回ST&A大会 1991年11月
Approximate Reasoning and Relativized Completeness Proceedings of PRICAI’92 1992年9月
Semantically Transforming Logic Programs LOPSTR94 1994年6月
Boolean [0,1]-valued Function Proc. of the Brazil-Japan Joint Symposium on Fuzzy Systems 1994年7月

(5)学会発表、その他

Gödelean algebraの特性とその応用について 日本数学会昭和54年度秋季総合分科会 1979年10月
ZF├M←→Consis(ZF)の意味するもの 日本科学基礎論学会昭和56年度大会 1981年6月
ZFCのモデルの存在を主張するいくつかの命題の強弱について 日本科学哲学会昭和56度大会 1981年11月
Boolean-valued measurable cardinals 日本数学会昭和61年度年会 1986年4月
A categorical characterization of measurable cardinals 日本数学会昭和61年度年会 1986年4月
The duplication of the extendible hierarchy 日本数学会昭和61年度年会 1986年4月
Boolean-valued Prolog 数学基礎論若手の会 1986年10月
Boolean-valued Logic Programming   Language Paradigm:LIFE-Ω

―Philosophical Background―

文部省科研費総合研究A「記号論理学と情報科学」研究集会 1987年2月
Boolean-valued Logic Programming   Language Paradigm:LIFE-Ω

―Theoretical Background of LIFE-I,Ⅱ,Ⅲ―

NEC LR-5197 1987年2月
Boolean-valued Logic Programming   Language Paradigm:LIFE-Ω
―Philosophical Background―
NEC LR_5196 1987年2月
Logical Completeness of LIFE-Ⅱ and LIFE-Ⅲ and Its Applications to the Foundation of Logic Programming NEC LR-5346 1987年11月
Universal Unification from a Viewpoint of LIFE-Ⅱ NEC LR_5347 1987年11月
学としてのAI AIジャーナルNo.12 1987年12月
Boolean-valued Logic Programming Language Scheme:LIFE-Ⅲ ―A Summary― NEC LR-5357 1987年12月
Boolean-valued Logic Programming Language Scheme:LIFE-Ⅲ

―Theoretical Background―

文部省科研費総合研究A「記号論理学と情報科学」研究集会 1988年1月
Two-lane Unification and A.B.F.E. –unification ―One Step Toward an Application of LIFE-Ⅱ― NEC LR-5426 1988年5月
Boolean-valued Logic Programming Language Scheme::LIFE-Ⅲ〔1〕Inferentially Transforming Logic Programs 日本ソフトウェア科学会第5回全国大会論文集 1988年9月
Boolean-valued Logic Programming Language Scheme:LIFE-Ⅲ〔2〕Technique to Execute a Logic Program Efficiently 日本ソフトウェア科学会第5回全国大会論文集 1988年9月
Inferential Transformation 文部省科研費総合研究A「記号論理学と情報科学」研究集会 1989年2月
F-LIFE: a L-fuzzy Inferential System NEC LR_5544 1989年2月
LIFE-Ⅲ〔3〕Relativized Completeness 日本AI学会第3回全国大会論文集 1989年7月
LIFE-Ⅲ〔4〕A Fuzzy Inferential System 日本ソフトウェア科学会第6回全国大会論文集 1989年10月
LIFE-Ⅲ〔5〕From a Viewpoint of Situation Theory (Ⅰ) 日本AI学会第4回全国大会論文集 1990年7月
LIFE-Ⅲ〔5〕From a Viewpoint of Situation Theory  (Ⅱ) 日本ソフトウェア科学会第7回全国大会論文集 1990年10月
LIFE-Ⅲ〔5〕From a Viewpoint of Situation Theory 文部省科研費総合研究「記号論理学と情報科学」研究集会 1990年11月
LIFE-Ⅲ〔5〕From a Viewpoint of Situation Theory (Ⅲ) AI学会第12回AI基礎論研究集会 1991年5月
LIFE-Ⅲ〔5〕From a Viewpoint of Situation Theory  (Ⅳ) 日本ソフトウェア科学云第8回全国大会論文集 1991年9月
LIFE-Ⅲ〔5〕From a Viewpoint of Situation Theory (Ⅴ) 日本AI学会第6回全国大会論文集 1992年7月
A1基礎論 (1) 新状況理論 1995年度日本数学会年会 1995年3月
非基礎の公理について 科学基礎論学会1995年度総会 1995年5月
マルチエージェントモデル再考 日本認知科学会第12回大会 1995年6月
AI基礎論の新展開:新モデル理論(1)“状況”概念の導入 AI学会第9回全国大会論文集 1995年7月
AI基礎論の新展開:モデル理論 (2) ―強制法との比較― 日本数学会1996年度会 1996年4月
AI基礎論の新展開:新モデル理論(2) ―状況の定義― AI学会第10回全国大会論文集 1996年6月
知的計算のための計算機アーキテクチャ:

トリプルコンピューティングシステム

第53回情報処理学会全国大会論文集 1996年9月
マルチエージェントモデル批判 第13回ソフトウエア科学会全国大会論文集 1996年9月
AI基礎論の新展開:新モデル理論(3)

―ブール代数へのembedding―

日本数学会1997年度会 1997年4月
AI基礎論の新展開:新モデル理論(3)

―論理的暫定性と分散論理指向―

第11回人工知能学会国大会論文集 1997年6月
パネルインターフェイサー 第55回情報処理学会全国大会論文集 1997年9月
マルチエージェントモデル批判 (2) 第14回ソフトウェア科学会全国大会論文集 1997年9月
純粋ファジィ批判:導入編 ― L-ノルムについて(1):パラダイムチェンジ ― 第14回ファジィシステムシンポジウム論文集 1998年6月
AI基礎論の新展開:新モデル理論

(4) ―状況と曖昧性―

第12回人工知能学会国大会論文集 1998年6月
新携帯情報端末:モデル1 第57回情報処理学会全国大会論文集 1998年10月
AI基礎論の新展開:新モデル理論(4)

Boolean Complexity

日本数学会1999年度年会 1999年3月
実数のデジタルモデル 科学基礎論学会1999年度総会 1999年5月
純粋ファジィ批判:導入編

―L-ノムルについて(2)―

第15回ファジィシステムシンポジウム論文集 1999年6月
AI基礎論の新展開:新モデル理論 (5)

―論理的暫定性と暖昧性―

第13回人工知能学会全国大会論文集 1999年6月
マルチエージェントモデル批判 (3) 第16回日本ソフトウェア科学会大会論文集 1999年9月
携帯情報端末向けのコンパクトGUIモデル 第59回情報処理学会全国大会論文集 1999年9月
AI基礎論の新展開:新モデル理論 (6)  第14回人工知能学会全国大会論文集 2000年7月
 
―論理的暫定性と従来の数学的世界観(i)―
純粋ファジィ批判:導入編  第16回ファジィシステムシンポジウム論文集 2000年9月
 
―L-ノムルについて(3)―
マルチエージェントモデル批判 (4) 第17回日本ソフトウェア科学会大会論文集 2000年10月
AI基礎論の新展開:新モデル理論 (7)

―状況偏差―

第15回人工知能学会全国大会論文集 2001年5月
マルチエージェントモデル批判 (5) 第18回日本ソフトウェア科学会大会論文集 2001年9月
マルチエージェントモデル批判 (5) 第18回日本ソフトウェア科学会大会論文集 2001年9月
ブーリアン インベッディング 第63回情報処理学会全国大会論文集 2001年9月
「P=NP」:最終解決 第64回情報処理学会全国大会論文集 2002年3月
SATはNP完全か?:

Cookの証明は間違っていた!

FIT2004 2004年9月
SATはNP完全か?:Part2 FIT2005 2005年9月
「P=NP?」問題の解決:Part 2 FIT2006 2006年9月
「P=NP?」問題の解決:最終章 FIT2007 2007年9月
計算量理論の存亡(1):「P≠EXP」証明の欺瞞 FIT2012 2012年9月

Copyright© International Intelligent Information Inc. 山口人生 I.I.I , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.