2022年10月28日

更新日:

2022年10月28日 (猿脳の日)

 

SATの論理式は(命題)論理関数として把握できますが。
ZFの論理式を(述語)論理関数として把握できるのか?
今まで散々、検討してきたのですよ。
実は、この深遠な課題に真正面から取り組んだのがΔ理論です。
勿論、私のオリジナルで史上初でした。
Δ理論では、termを
{x|φ(x)}
と採用して理論化しましたね。
当然、φ(x)は論理式です。

 

このΔ理論を集合論に応用して。
「集合 vs クラス」
の観点から。
境界問題が発生するという事実関係を指摘しました。
ついでに、Δ理論の決定問題としてアルゴリズム化を扱い。
計算可能だと証明までしてあげたわけですが。
こう指摘すると、SATの場合と同様に見えてきて。
「集合論でも{x|φ(x)}はterm化可能なのでは?」
と考えだす馬化が多いのよ。
物事の本質が、全然、分かってない証拠。

 

で、この懐疑への解答は?
結論は、
「神が駄目と言ったら駄目。」
となります。
分からない猿脳は、ここまで来たら信じるしかない。
ただ、神は慈悲深いので。
すでにヒントを出していますよ。
それが、
「計算量理論をZFで扱う場合、{1,0}語にコードして扱う。」
という事実関係の指摘です。

 

この伏線の重要性を見過ごすから、脳がグチャグチャになり。
全てが混沌としてきます。
ここまで揶揄されても、脳タリンには、何を言われてるのか分からないはず。
つまり、この期に及んでSATを持ち出したのは伏線罠なの。
無知の知を悟らすための作戦。
実際、猿の場合、脳の計測装置が粗いので。
真理が見えない仕組み。 

 

ZF({x|})での{x|φ(x)}を使った入力表現は独自のものであり。
ZF(+α)の論理式では表現不能です。
これをやるために、全ての記号表現をコードして。
決定問題の入力を{1,0}の語にしたら、どうか?
(厳かに)
実際、計算量理論はZFベースに乗せるため、{1,0}の言語ベースで展開されます。

 

「だったら、ZF({1,0})で大丈夫じゃないか。」
と思うのが馬化の証拠。
コードで言い逃れはできないの。
そもそも、ZF(+α)で{x|φ(x)}はコードできない宿命ですよ。
コードは{x|φ(x)}を{1,0}語に写像する関数ですが。
こういう写像はZF(+α)で定義できないのよ。
ZF({x|})でしか定義不能なの。
どうですか、term設定の重要性が見えてきたかな?

 

こう指摘すると、反射神経猿は
「論理記号の代わりに、関数記号
*、&、#、・・・(1)
を採用し、αの範囲に記号
(1)と{1,0}
を追加すれば、ZF(+α)の範囲でコードを定義できる。
よって、第一階述語論理の範囲でterm設定可能。」
と言い出すのですが。
この論点については、すでに私が片づけています。 

 

この場合、メタのセマンティクスは、どうするのですか?
集合論の枠外で論じるなんてことはしないでしょう。
なにせ、集合一元論なんだから。
{x|φ(x)}を{1,0}語にコードしても。
そのセマンティクスは、かみまでも、{x|φ(x)}。
よって、セマンティクスを扱うメタの世界では。
ベースの集合論はZF({x|})になる運命。
こう指摘すると、逆切れする馬化が多いカモ。 

 

「メタはZFに乗せるアプリ理論側でやればOK宇宙。
具体的に、
『{1,0}語ベースのアルゴリズムA(?)が、Qのアルゴリズムかどうか?』
を決めるのはQ論の方だろう。
例えば、SATのアルゴリズムかどうかはSAT分野で決めるべきだ。」
とかね。
アホを通り越した馬化だな。
そのSATのベースに集合論があると指摘しているのだよ。

 

しかし、まだ、前回の伏線罠に引っ掛かる猿も多いはず。
「SATの場合、入力は命題論理式だ。
こういう風に論理式でもterm化できるじゃないか。
つまり、{x|φ(x)}は重層構造ではない。
だから、ZF({x|}自体が第一階述語論理ベースだ。」
こうくるはず。
これで、今回の出発点に回帰しました。
どうですか、このグルグル回りの循環地獄は。
少しは、螺旋状に上昇できないのかね。

 

目下、世界的に猿痘という伝染病(性病)が流行りつつありますが。
猿脳というのも一種の伝染病ですね。
脳タリンの知的ゾンビに噛まれると。
病気が移って仲間の知的ゾンビになる仕組みだ。
この場合、噛まれるというのは比喩で。
脳タリンの書いたものを見ると病気がうつる。
見た人が石になるギリシャ神話の妖怪メデューサより酷い。
(元は金縛りという説もありますね。
マンコは恐ろしいので気を付けてね。
特に、髪が蛇に見えるヘヤスタイルは要注意。)

 

この病気の恐ろしさは。
本人、病気になった自覚すらないのよ。
だから、果てしなく、平気で、他人に伝染させていく。
今や、地球上の、ほぼ全ての人類が感染してしまった。
結果、猿脳になるわけですが。
この場合、ウイルスが媒介してるわけじゃなく。
タンパク質の移転でもない。
しかし、病気が伝染している事実に相違ない。
目から脳に感染する新しいタイプの伝染病です。

 

こういう厄災を、専門用語で
「インフォハザード」
と言います。
歴史上、私がオリジナルの命名者です。
今や、ZF矛盾どころか、FOPL詐欺ですよ。
というか、論理関数の立場問題。
数学や論理学の本質に関る課題になってきました。
どうですか、これを真正面から扱うのが神です。 

 

今までは、真理の開示がハイパー論理の役目だったのですが。
ここまで来ると、単に真理を開示するのがハイパー論理の目的じゃないの。
神に抵抗する悪魔を潰すのが目的。
全部、君ら悪魔が悪いのよ。
生意気に、悪魔は経済制裁を仕掛けてくるから。
神も、世界一の資産家になるよう、ブランドビジネス展開します。
ここの記事は、その為の宣伝活動でもある。

 

というわけで、SATを絡めて宣伝しておくと。
記号導入から、計算論ではサイズ問題が発生し。
そこから様々な課題が生起するのですが。
この入口から、消滅解に辿り着くまで、まだまだ道程は長い。
証明の対象外だとメタ証明するのが難しいのよ。
最終的には、
「非厳密集合」
なんて概念が出現します。

 

この場合のベースになる集合論としては。
ZFに限定されたものではあらしゃいません。
だって、ZFは矛盾してるので使い物にはならないし。
非厳密集合は
「集合論最終進化形態」
としてのYJすら超えるのですよ。
YJは状況依存なのですが。
それを超える
「消滅」
概念とは? 

 

消滅証明の後、ZF矛盾を証明し。
全ての数学の証明は再点検の必要があると主張しましたが。
それには、私の消滅証明も含まれると思った猿もいたはず。
それこそが、猿の脳タリンの証拠なのです。
現時点で、YJの内容は私しか知らないのに。
知らずに、消滅証明の正しさを確認できるのか?
人ならできますよ。
消滅証明の偉大さを強調するため。
今回、この場で、ハッキリと述べておきましょうか。

 

人生のハイパー数学原理9
どんな無矛盾な集合論をベースにしても、「P vs NP」問題は消滅する。  ┤

 

この証明の仕組みは、どうなっているのか?
金払って勉強してね。
というわけで、私が
「P vs NP」
を消滅で解決した大天才です。
その事実をパシリ日本を使って欧米が隠そうと画策するから。
ついには、私が神にまでなり。
欧米文明を廃墟にしているという経緯。
地球ポリ。 

 

これが有名なヨハネの黙示録です。
悪魔は、何を、いつまで地下に隠れているのかな-。
そこを地獄と言うんだよ。
負けることが確定している相手に対し、無駄な抵抗続けると。
こちらの兵隊(精霊)は兵糧攻めするからヒモジくなるぜ。
ダイエットじゃあるまいし。
「清貧、ミニマル、シンプル」
なんて用語使うことで痩せ我慢するんじゃない。 

 

日本では、最近の贅沢は食パンの種類かよ。
卵かけ御飯とか。
以下、同様のレベル。
それで流行に乗った気分なのか?
哀れな。
というわけで、経済制裁に対しては情報制裁で戦うの。
私も、いつまでも生きてないし。
早く金出さないと、YJが永遠に謎として残るぜ。
これで386町目。

Copyright© International Intelligent Information Inc. 山口人生 I.I.I , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.