2019年12月28日 (構成の日)

更新日:

2019年12月28日 (構成の日)

今回から、創世編に入る予定だったのですが。
まだ、ZF矛盾の本質が判ってないプロが多い模様。
これぞ世界レベルの知力基準の現われです。
仕方ないので、行間補充をしておきます。
今回のターゲットはV=LのL。
Lの構成可能性とは、如何なる意味なのか。
再点検をしておきます。

ZFのモデル全ての共通性質を備えているのがZF公理系。
そして、ZFのモデルは、全て、プロパークラスを含みません。
universeの要素は集合のみ。
この宇宙で、数学の様々な命題を扱うわけです。
ZFの土台の上に、各種理論が乗るということ。
ソフトウェアの比喩で言えば、公理的集合論というのは、OS。
それに対し、通常の数学分野は、アプリ。
この比喩を使って真意を解説すると。 

引き続きこのコンテンツを閲覧するには会員ログインが必要です。ログインページに移動
未だ会員登録がお済みでない方は新規会員登録へお進みください。

Copyright© International Intelligent Information Inc. 山口人生 I.I.I , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.